資格の新体制

高齢化がドンドン進んできている今!介護士ってとても多い職業ですよね。
介護士をやっている方の大半は、専門の学校で学んだりして国家資格である介護福祉士の資格を取得していますよね。
でも最近、質の高い介護サービスを行うためにと介護福祉士の取得方法が大きく変わってきているのをご存知ですか?

私も実は、1年前まで介護福祉士をやっていました。
私は高校時代に福祉コースに通い、高校でヘルパー2級を取得し高校卒業時に介護服福祉士の試験を受験し合格したので
介護福祉士の資格を手にすることが出来たんです。
でも、新しい資格制度ではそのような方法では資格をとることはもう出来ないみたいなんです。

介護福祉士の他にヘルパー1級や、ヘルパー2級もありましたよね。
その資格も無くなったそうなんです。
そして新しく、実務者研修と介護職員初任者研修というものが創設されたそうなんです。
実務者研修はヘルパー級相当、介護職員初任者研修はヘルパー2級相当なんだそうです。

実務者研修や介護職員初任者研修が創設されて介護福祉士を取るにはどんな風に変わるのって思いますよね。
次のページからは介護福祉士の受験方法や実務者研修、介護職員初任者研修について、少し詳しく
説明していきますね。
もし、これから介護の道に進もうとお考えの方はぜひ、参考にして頂けたらと思います。

イチ押しリンク

ケアマネの求人サイトならここが人気|メドフィット

Calendar

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Category

  • カテゴリーなし